ブログトップ
コノヒグラシ
konohigu.exblog.jp
カテゴリ:ゴーヤー( 6 )
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
ゴーヤーのパルメザンチーズ和え
e0188572_8203113.jpg


久しぶりの新作です。

このごろの暑さで、すっかりゴーヤーの季節です。
冷蔵庫に入っていたパルメザンチーズを和えていただきました。

・ゴーヤー 1/2本(食べたいだけ)
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 大さじ1~2
・塩 一つまみ+塩もみ用
・こしょう 好きなだけ
・パルメザンチーズ 好きなだけ

1.ゴーヤーを切って、苦味を弱めるために塩もみして、水につけておく。
(苦味が気にならなければ、そのままでもいいです)

2.オリーブオイルに、にんにくを入れて、弱火でオイルに香りを移す。

3.1のゴーヤーを加え、炒める。

4.塩、こしょうを加えて味付け。

5.火を止めて、パルメザンチーズをふりかけ、和える。
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2010-07-26 08:26 | ゴーヤー
【料理】ゴーヤーの梅肉あえ
e0188572_2325247.jpg


ゴーヤーは、生で食べると、さくさくしていて、苦味も少ないように感じます。
生ゴーヤーと梅肉のくみあわせは、なかなかおいしいです。
この食べ方も、冷蔵庫にあまり食べ物が入っていなかったときに、考え出した料理です。

ゴーヤー 半分くらい(食べたいだけ)
梅 1~2個 (はちみつ梅だと、刺激が少なくて食べやすいです。僕はすっぱいのが苦手なので)

1.ゴーヤーを切って、塩もみし、しばらく水につけて、苦味をぬく。

2.梅の果肉を包丁でみじん切りのように切って、ペースト状にする。

3.1と2を混ぜ合わせる。
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-09-05 07:15 | ゴーヤー
【料理】ゴーヤーとツナのペペロンチーノ
e0188572_17542791.jpg


このパスタ料理は、夏の間よく作って食べます。僕の好物です。
オリーブオイルをたっぷりいれるとおいしいです。

ゴーヤー 1/2本(ゴーヤーの大きさによるので、食べたいだけ)
ツナ缶 1個
にんにく 2かけ
赤唐辛子 1、2本
オリーブオイル 大さじ3(もっと入れるときもあります)
ハーブ塩

1.パスタ麺を茹でるお湯を沸かす間に、ゴーヤーを半月切りにして、塩水につける。

2.麺を茹でている間に、にんにくをみじん切りにして、フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子をいれ、弱火でしばらく炒める。にんにくを焦がさないように注意。(弱火のほうが、にんにくの香りがオイルにつきやすいようです)

3.ゴーヤーとツナ缶を加え、フライパンにふたをして、弱火のまま、麺が茹で上がるまで放置。

4.麺ができたら、3に麺を加え、ハーブ塩を振りかけながら、よく混ぜる。

pic115816
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-08-31 18:00 | ゴーヤー
【料理】ゴーヤーチャンプルー
e0188572_812084.jpg


沖縄の言葉では、「ゴーヤ」ではなく「ゴーヤー」と語尾をのばすそうです。沖縄の言葉は、語尾がのびて、とても心地よいです。

育てておいしいはじめてのゴーヤー+島やさい図鑑」の撮影で訪れた「花野果村」の定食屋さんで食べたゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤー、豚肉、卵のシンプルな料理でした。それを思い出しながら、作ってみました。

(1人分)
ゴーヤー 1/2~1/3本(食べたいだけ)
豚肉 100g
卵 2個
にんにく 1かけ
サラダ油 大さじ1
塩(小さじ1)
中華スープの素(粉末)(小さじ1)

1.ゴーヤーを半月切りにして、しばらく水にさらす。

2.フライパンにサラダ油をしき、刻んだにんにくを入れ、中火でにんにくが焦げないように、油に香りをつける。

3.ゴーヤーと食べやすい大きさに切った豚肉をフライパンに入れて、ふたをして弱火でしばらく加熱。
(弱火で作ると、豚肉がふわふわと柔らかくジューシーになります)

4.豚肉に火が通ってきたら、それらをフライパンの片側に寄せて、中火に戻し、フライパンの空いた部分に、溶き卵を流し込み、半熟に固まるまでスクランブルエッグにする。

5.半熟スクランブルエッグができてきたら、半分に寄せていたゴーヤーと豚肉を戻して、塩と中華スープの素を加えて、フライパンをあおりながら、全体を混ぜてできあがり。

これらの具の他に、木綿豆腐を入れてもいいです。

ゴーヤーと豚肉を片側に寄せずに、いきなり溶き卵を流し込むと、「ゴーヤーと豚肉の卵とじ」みたいになってしまいます。

pic115183
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-08-11 08:12 | ゴーヤー
【料理】ゴーヤーと大葉と豚肉炒め oishii
e0188572_1654058.jpg


冷蔵庫にあった大葉を何かに使えないかなあと思って、ゴーヤーと豚肉と炒めてみました。
すると、予想以上にさっぱりしておいしいです。
さらに、味付けをただの塩ではなく、山椒の実と塩を一緒に砕いた山椒塩でやると、山椒の香りも追加されて、もっとおいしかったです。

(一人分)
ゴーヤー 1/3~1/2本(ゴーヤーの大きさによります。食べたいだけ)
豚肉 ゴーヤーと同じくらい
大葉 3~4枚

(手に入れば、山椒の実)
サラダ油 大さじ1

1.ゴーヤーを半月切りにして、水にさらす。

2.豚肉を食べやすい大きさに、大葉も適当な大きさに切る。

3.フライパンに油をしいて、豚肉、ゴーヤー、大葉を入れて炒め、塩(もしくは山椒塩)で味付けして出来上がり。


pic115047
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-08-07 16:54 | ゴーヤー
【料理】ゴーヤーとツナとねぎソース

e0188572_027451.jpg

今年の春に作ったゴーヤーの本「育てておいしいはじめてのゴーヤー+島やさい図鑑」(主婦の友社)でも紹介しましたが、ゴーヤーって、ツナ缶ととても相性が良いです。
最近、気がついたのですが、ゴーヤーは、火を通すよりも、生で食べるほうが、苦味が弱く感じて食べやすいようです。(←僕だけ?)
ゴーヤーの本では、ツナとの味付けは塩でしたが、ここでもねぎソースで合えてみました。
このほかには、オリーブオイルとハーブ塩でも、おいしいです。

ゴーヤー 半分くらい
ツナ缶 1個

ねぎソース 大さじ1~2

1.ゴーヤーを半月切りにして、塩もみして水にしばらくさらす。
 (こうやると、苦味が弱くなります)

2.ツナ、ねぎソースを加え、混ぜる。

ねぎソースの作り方はこちらです。

pic114940
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-08-05 00:28 | ゴーヤー