ブログトップ
コノヒグラシ
konohigu.exblog.jp
【料理】ガパオ バジルとひき肉炒めごはん
e0188572_854240.jpg


ガパオは、バジルとひき肉を炒めて、ご飯に乗せたタイ料理です。
普通のタイ料理屋さんで食べると、ピーマンなども入っていますが、タイのアユタヤの道端の食堂で食べたガパオは、バジルだけでしたので、その料理を思い出しながら、作りました。

日本では、この料理を一般的にガパオといいますが、タイ語の発音記号では、phat kraphawと書き、発音が近いカタカナで表記すると、パッ(ト)グラッパオという音です。
「ラ」の音が、一瞬なので、ガパオになったのでしょうか。
phatは「炒める」、kraphawは「バジル」のことです。

(一人分)
バジル 20枚くらい
ひき肉(普通は鳥ですが、豚でもおいしいです) 100g
赤唐辛子 1本
にんにく 1かけ
卵 1個
サラダ油 大さじ1
ごはん 茶碗1杯

(調味料)最初に合わせておく。調味料の配合はお好みで調節してください。
オイスターソース 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
ナンプラー 小さじ1
酒 大さじ1

1.フライパンに油を敷いて、みじん切りにしたにんにくを軽く炒める。

2.ひき肉と調味料を加え炒める。

3.7割くらい火が通ってきたら、バジルを加え、さらに炒める。

4.皿にご飯を盛り、その上に3をかける。

5.半熟の目玉焼きを作って、4の上に乗せてできあがり。
[PR]
ランキング応援クリックお願いします。↓
 
by konohigurashi | 2009-08-30 08:55 | バジル
<< 【料理】ゴーヤーとツナのペペロ... 【料理】舞茸、ほうれんそう、ベ... >>